ペット繁殖指導員とは

ペットを交配・繁殖させて流通させることを生業とするブリーダー。

自宅で一人でできるので、独立開業しやすい業種として、ペット業界で人気の高い仕事です。

しかしながら、ペットを繁殖させるには、ただ発情期を迎えた動物同士を掛け合わせて子供を作らせるだけではなく、その動物の生態から管理、出産など幅広い専門知識が必要となります。
その専門知識と技能を認定する資格として「ペット繁殖指導員」が存在します。

ペット繁殖指導員情報の理解したいならこちらのサイトです。

ペット繁殖指導員の資格は、日本畜犬学会認定校の指導カリキュラムを受講することで取得することができます。

講座では、繁殖飼育学や管理方法、ペットの生態、動物看護学、動物愛護法など、ブリーダーに必要不可欠な知識を幅広く勉強することになります。講座内で複数回に渡り実施される添削課題に合格すると、晴れて資格が付与されます。
学習期間は4〜12ヶ月程度で、通学と通信講座の2種類の受講スタイルが選べるため、家事や仕事で忙しい方も自分のペースで受講することができます。



ペット繁殖指導員の資格を取得することで、母子ともに健康な繁殖を目指すことができ、ブリーダーとしての信頼を得ることができます。
もちろんブリーダーだけでなく、動物病院などの生体を扱う施設での指導員的役割として活躍することもできるでしょう。



その他にも、講座の中で繁殖以外にも飼育管理や、しつけ、動物看護の知識も得ることが出来るため、ペットショップ店員やペットのしつけトレーナーとして活躍する方もいる他、ペット雑誌のライターやペットビジネスに参入する企業のコンサルティングを行う方もいます。
活躍の場は多岐にわたるため、ペット業界で活躍したい方にはおすすめの資格です。